ロブソン・ウォルトン氏(ウォルマート一族)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


ウォルマートはアメリカ最大のスーパーマーケットチェーンですが、ロブソン・ウォルトン氏はウォルマートの創業者であるサム・ウォルトン氏の長男です。

一族の長男である彼がどのような経歴を辿って現在の年収や資産を築いたのか興味はないでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

ウォルマート一族の長男であるロブソン・ウォルトンの経歴とは

そもそもウォルマートとは、アメリカのアーカンソー州に拠点を置く世界最大のスーパーマーケットチェーンであり、その売り上げもさることながら世界的な大企業とされていますが、ロブソン・ウォルトンの父親であるサム・ウォルトン氏が1945年にアーカンソー州のニューポートというところにベン・フランクリン雑貨店を開いたことが始まりとなります。

そのサム・ウォルトン氏の長男として生まれたロブソン・ウォルトン氏は、オクラホマ州のタルサで生まれでコロンビア大学のロースクールを卒業後はプログラマーなどの仕事もしていましたが、父親のサム・ウォルトン氏が死ぬまではウォルマートを代表する法律事務所のメンバーだったとされています。

そして、父親のサム・ウォルトン氏がなくなってから2日後にはウォルマート会長となり現在もその地位についているとされています。

ウォルマートの現会長であるロブソン・ウォルトン氏の年収や資産は

ロブソン・ウォルトン氏は現在ウォルマートの会長であるとされていますが、現在の彼の資産や年収はどのくらいなのか気になるところと言えるでしょう。

ロブソン・ウォルトン氏の資産は319億ドルとされており、Forbesの世界長者番付においては第17位にランクインしています。

ちなみに、本名はサミュエル・ロブソン・ウォルトンですが、創業者である父と区別するためにロブ・ウォルトンという名前を使用しており、ロブソンは母方の名前に由来するそうです。

いわゆる2世富豪であるロブソン・ウォルトン氏に学びたい成功法の秘訣とは

コロンビア大学のロースクールを卒業してプログラマーの仕事もしていたくらいですから、もともと頭の良いロブソン・ウォルトン氏は、父親のサム・ウォルトン氏が築いた資産のおかげできっと裕福な生活を送っていたことと思われます。

しかし、ウォルマート関係の法律事務所のメンバーであった時もいつか父親が亡くなった時にその長男である自分が巨大な市場を支える世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマートを受け継いでいくことは、何となく意識していたのではないでしょうか。

いわゆる2世富豪であるロブソン・ウォルトン氏ですが、だからと言ってまったく不安や心配、あるいはプレッシャーがなかったのかというとそんなことはないと思われます。

長男である以上、一番初めに父親がこれほどまでに大きくした巨大スーパーマーケットチェーンを受け継ぐことはわかっていたにしても、彼にそれ程の器がなければ現在もウォルマートの会長の座に座っていることはできないでしょう。

ロブソン・ウォルトン氏が、いつくらいから父親の遺産やウォルマートを受け継ぐことを意識していたかは定かではないですが、父親が亡くなってすぐにそれを受け継ぐことができ、そして現在も巨万の富を手にすることができた秘訣は、プレッシャーに負けない精神力の強さがあったからではないかと思われます。

そして、早いうちから自分がウォルマートを受け継ぐことを意識してすぐに引き継ぐことができるような精神を養っていくことこそが、億万長者になるための重要な秘訣なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする