ジョージ・ソロス氏(投資家)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


数多くの投資や慈善事業を行う億万長者、つまりビリオネアは世界にはたくさんいるとされていますが、その中でも国立銀行よりも資金力があるジョージ・ソロス氏もそんなビリオネアの一人です。

彼がどのような経歴を辿って現在の年収や資産を築いたのか、興味はないでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

苦学生だったジョージ・ソロス氏の経歴とは

ジョージ・ソロス氏はハンガリーのブダベストに弁護士であり作家でもあった父親の下に生まれますが、彼が10代の時にはナチス・ドイツのハンガリー侵攻が進んでおり、終戦直後はブダベストは銃撃戦のさなかだったとされています。

荒廃した祖国から逃れ19歳の時にイギリスに入国してロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに入学します。

留学生と言えば、両親がお金を出して留学させてくれて住居費や生活費などは親が負担してくれる裕福なイメージがありますが、戦火を逃れて半ば亡命同然でイギリスに渡ったジョージ・ソロス氏は、学業の傍らに鉄道会社で働く苦学生であったとされています。

その後も外国人ということから学校を卒業してもなかなか希望していた金融関係の仕事に就けず、職を転々としロンドンのシンガー&フリードランダーという会社に入るもののここでの給料や個人業績はパッとしなかったことから1956年にニューヨークに移り住むことになります。

ニューヨークのウォール街で働くことになったジョージ・ソロス氏は証券会社 F.M.マイヤーの仕事を得るとその後15年にわたって様々な証券会社を転々としながらトレーダーとしての腕力を磨いていくことになるのです。

1973年にヘッジファンドを設立しその運営を開始したところ時々は損失することもありながらも2009年のリーマンショック前までは非常に好景気が続いたとされています。

そして、急成長を遂げたヘッジファンドはジョージ・ソロス氏を億万長者への道へと導いてくれるきっかけとなったのです。

ジョージ・ソロス氏の驚くべき年収や資産はどのくらい?

ヘッジファンドマネージャーでもあり投資家であり慈善家であるなど様々な顔を持つジョージ・ソロス氏ですが、実際の年収や資産はどのくらいあるのでしょうか。

2014年の長者番付においては総資産額は240億ドル、日本円に換算して約2兆6000億円とされています。

慈善事業に力を注ぐ一方で、国立銀行よりも資金影響力が高いとされているジョージ・ソロス氏は、その経済活動を通じアメリカの政治や金融に対しても強い影響力を与える人物でもあります。

中には、彼自身が金融の混乱を招く原因だと揶揄する人もいるようですが、彼が支援するべき数多くの人に寄付し偉大な慈善家であることは変わらないとされており、この先も彼の活動は継続して行われていくものと言えます。

逆境に負けなかったジョージ・ソロス氏に学ぶべき成功法とは

ジョージ・ソロス氏は、幼少期においては戦火を逃れ故郷を捨てて移住する生活を余儀なくされますが、そこで諦めない力を身に付け苦学生としてロンドンで過ごしながらも自分が成功するチャンスを狙っては様々な職業を転々とすることになります。

人が思っているよりも多くのコンプレックスを抱え差別や偏見を受けてきたと思われますが、だからと言ってその状況に負けることなくさらに挑戦し前に進もうと思えたその根性は、ジョージ・ソロス氏がその道で成功しビリオネアと慣れた証でもあると言えるでしょう。

何かを始めた時、あるいは仕事をしているときにつまずいたり壁にぶち当たるのは当たり前のことですが、ロンドンのロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでカール・ポパーが自由民主主義について書いた本「開かれた社会とその敵」は、ジョージ・ソロス氏のその後の人生に大きく影響を与えたとされており、彼がここまで成功できたのも自分を信じて挑戦し、壁にぶち当たっても再び立ち上がる力を養ってきたからこそ、現在の巨万の富を得ることができたと思われます。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする