マリア・フランカ・フィッソロ氏(ヌテラ創業者の息子の妻)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


億万長者の中には、夫が亡くなりその遺産を継いだことでお金持ちとなった女性も数多く存在しており、マリア・フランカ・フィッソロ氏もそんな女性の一人とされています。

彼女がどのようにして現在の年収や資産を手に入れたのか、そのことについて考えてみましょう。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

夫の遺産を受け継いだ女性、マリア・フランカ・フィッソロ氏の経歴とは

ヌテラと言えば、日本ではあまりなじみがないかもしれませんがイタリアで有名なチョコレートとヘーゼルナッツのスプレッドであり、パンやお菓子などに塗って食べるジャムのようなものです。

これは、ミケーレ・フェレロ氏の父であるピエトロ氏が作ったものであり、最初は「パストラ・ジャンドューヤ」という名前で売り出された商品は爆発的な人気を受け、イタリア人の男性にとって「マンマ(お母さん)」の次に好きなものと言われるくらいメジャーな食べ物となっています。

ピエトロ氏が亡くなった後、フェレロを継いだのは叔父のジョバンニ氏だったとされており、その叔父が亡くなって32歳でフェレロを継いだミケーレ・フェレロ氏はその後50年にわたってフェレロ社を率いていき、「毎日をイースターができるように」と子供用のお菓子玩具であるキンダーエッグスの開発を行ったりするなどミケーレ・フェレロ氏は菓子職人であるとともに優秀なビジネスマンだったとされています。

しかし、そのミケーレ・フェレロ氏も亡くなるとその息子であるジョバンニ氏とマリア・フランカ・フィッソロ氏がその遺産を受け継いだことで、妻であった彼女自身もまたForbesの世界長者番付に名前を連ねるようになったとされています。

現在はモナコに移住しており息子のジョバンニ氏が現CEOであるとされています。

イタリア人女性一のお金持ち?マリア・フランカ・フィッソロ氏の年収や資産は?

世界的大ヒット商品としてヌテラを作り出したミケーレ・フェレロ氏の遺産を継いだマリア・フランカ・フィッソロ氏の年収や資産はどのくらいなのか気になるところと言えます。

フェレロ関連の遺産をすべて受け継いだ彼女の資産は234億ドルとされており、2015年の世界子長者番付において第5位にランクインしているとされています。

義理の父が作り、そして夫が大々的に売り出したヌテラの味をイメージできるような、ヘーゼルナッツの香ばしいチョコレートをウエハースでくるんでヘーゼルナッツクリームで包み、またミルクチョコレートでコーティングしたフェレロ・ロシェはフェレロの代表的な商品であり1982年からその味を変えることなく作られており、全世界的にも非常に有名なチョコレート菓子として人気を誇っています。

マリア・フランカ・フィッソロ氏に学ぶ成功法の秘訣とは

夫であるミケーレ氏が亡くなったことでその息子であるジョバンニ氏とともにその遺産を受け継ぎ、億万長者の仲間入りをすることとなったマリア・フランカ・フィッソロ氏ですが、心の支えであった夫を亡くして息子とともにフェレロ氏を率いていなかければならなくなったのは非常に心細いことと思われます。

しかし、フェレロ一族の絆は固く、祖父や父が愛し作り出したヌテラとキンダーエッグス、フェレロ・ロシェなどによって世界的に有名な会社となったことは確かであると言えるでしょう。

また、2011年にはもう一人の息子であるピエトロ・ジュニア氏がサイクリングの事故で亡くなるという悲劇に見舞われながらも息子を支え家族を支え、ずっと務めてきたマリア・フランカ・フィッソロ氏は、億万長者の妻としてそして自身も億万長者に慣れるだけの素質を身に付けていたからこそ、その地位も揺るがないものになっているのかもしれません。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする