多田直樹・高志氏(サンドラッグ)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


多田直樹、多田高志氏は、ドラッグストア大手のサンドラッグの創業者一族です。

サンドラッグは多田幸正氏が東京で個人薬局を創業したのが始まりです。

現在サンドラッグの経営陣には多田直樹氏、多田高志氏がいます。

そんな多田一族の、多田直樹氏、多田高志氏の経歴や総資産を紹介していきます。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

多田直樹・高志氏の経歴

多田直樹氏は、1990年株式会社サンドラッグに入社します。

1995年に株式会社サンドラッグの経営企画室課長になります。

2000年、株式会社イリュウ商事代表取締役社長(現任)となり、2001年株式会社サンドラッグ取締役(現任)となります。

その後、株式会社フォレスト代表取締役社長、代表取締役会長を経て、現在代表取締役社長を務めています。

多田高志氏は、兄の多田直樹氏と並ぶ株式会社サンドラッグの大株主です。

多田直樹・高志氏の総資産は?

多田兄弟の総資産は約720億円で、日本の長者ランキングで34位になりました。

多田直樹・高志氏から学ぶ成功法則

サンドラッグの経営理念などから成功法則について考えていきます。

一隅を照らす。

これはサンドラッグ創業者の多田幸正名誉会長が語っていた言葉で、サンドラッグの経営理念の1つとなっています。

社員一人一人が自らを磨き、企業が光り輝くようになり、社会の一隅を照らせたらという考えに基づいています。

サンドラッグはわずか5坪の個人薬莢としてうまれ、「安心・信頼・便利」をモットーに成長を続けました。

お店はお客様のためにあり、会社は社員と社会のためにあるとの哲学を貫きました。

このように、お金が目的となるのではなく社会を変えていくために仕事をすることが大切だと思います。

お金はあくまでも手段であり、そのために生きてはいけません。

また、お金を稼げるからと言って始めても、その仕事は続けることができないと思います。

自分がやりたいことを一生懸命やるべきです。

一歩先を考え、半歩先に行動する。

これはサンドラッグが経営の手段として掲げている言葉です。

これは、環境の変化に対応すべく、現状に満足せず、準備を怠らず・最適の時期に実行するという意味だそうです。

環境の変化に対応すべく、現状に満足しないというのが非常に大切だと思います。

周りの環境は常に変化し続けます。

今日うまくいったとしても、明日うまくいくとは限りません。

そのために、常に周りの情報に敏感になり、変化に適応していかなければなりません。

このように、周りの変化に対応できる準備ができていたからこそ、サンドラッグは全国に広がることができたのだと思います。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする