レブロン・ジェームズ氏(バスケットボール選手)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


日本ではあまり騒がれることは少ないですが、世界において、特にアメリカにおいてバスケットボールは花形の競技だとされています。

レブロン・ジェームズ氏は、そんなバスケットボール会でキングの称号を持つトップアスリートですが彼がどうやってこれまでの経歴を辿り、現在の資産や年収を築いたのか考えてみましょう。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

キングと呼ばれたレブロン・ジェームズ氏の経歴とは

レブロン・ジェームズ氏は、アメリカ合衆国オハイオ州出身のプロバスケットボーラーで、幼少期はNBA(全米プロバスケット協会)の選手であったコービー・ブライアントの写真を敬意をこめて壁に飾るほど憧れており、彼の影響によって高校時代にはアフロヘアにするほど心酔しきっていたようです。

レブロン・ジェームズ氏自身も、高校時代にはおいてはすでに有名な存在となっており、高校を卒業後は大学に進学をせずに18歳で彼の故郷のオハイオ州に拠点を置くNBAのチームであるクリーブランド・キャバリアーズに全体一位指名を受けたことでプロへと転向します。

すでにプロ入りをする前から全米のファンにも知られる存在となっていたレブロン・ジェームズ氏は、期待通りの活躍を見せ2009年、2010年と連続してMVPを獲得しますが、彼の所属するキャバリアーズがファイナルを制することはありませんでした。

その後2010年にフリーエージェントとなったレブロン・ジェームズ氏は、フロリダ州のマイアミヒートというチームに移籍することでファンから裏切り者とののしられることもあったようですが、実は人一倍故郷のチームへの思いは強く、2014年には古巣であるキャバリアーズに再度移籍して、2016年にはついにキャバリアーズとして初優勝を成し遂げ、キャバリアーズの優勝パレードには130万人のファンがその優勝を祝福したとされています。

どのくらい稼いでいるのか?レブロン・ジェームズ氏の資産とは

移籍を繰り返しながらも地元のチームでの優勝にこだわったレブロン・ジェームズ氏は、バスケットボールにおいてどれくらいの年収や資産を稼いだのでしょうか。

レブロン・ジェームズ氏は、ナイキやコカ・コーラ、マクドナルドやダンキンドーナツなど日本でもお馴染みの会社とスポンサー契約をしていることからスポンサー収入もかなりすごい額をもらっていることが予測できます。

年棒は約23億2000億円とされており、推定年収は53億5000万円とされており、スポンサー収入はなどと合わせると推定資産額は7720ドル、日本円で約82億7200万円とされているようです。

LAの高級住宅地には、25億円とされる大豪邸を購入しており、その他にもマイアミヒート時代に20億円越えの豪邸も購入しています。

幼いころからの夢を叶えたレブロン・ジェームズ氏に学ぶべき成功法

彼の憧れであったコービー・ブライアント氏が引退表明をした際には、レブロン・ジェームズ氏は次のように語っています。

「彼のようになりたかった。練習したくないと思った日やもうこれ以上やれないと感じた日は彼のことを思い出した。彼は憧れだった。彼のようになりたかった」と。

レブロン・ジェームズ氏にとって、コービー・ブライアント氏の存在は自分のレベルを上げるために非常に必要な存在であり、自分のなりたい目標でもあったとされています。

バスケットボールの神様としてはマイケル・ジョーダンが有名ですが彼ははるかかなた遠くにいる存在であるけれども、コービー・ブライアント氏は己を高め彼のようなプレイをするために日々努力を怠らないようにするためのモチベーションアップの材料であったとされています。

もちろん、手に届きそうな憧れの存在がいてもそこまでたどり着くためには普通の努力をするだけでは到底たどり着けません。

憧れの存在に恥じないように己を鍛え、律することができたレブロン・ジェームズ氏であるからこそ現在の年収や資産を築くことができたのではないかと思われます。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする