孫正義(ソフトバンク)の経歴と資産、年収!名言などから学ぶべき成功法!

%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e5%ae%b6

ソフトバンクグループの創業者であり、ソフトバンク株式会社代表取締役社長を務める、

日本で一番の実業家の孫正義さん。

そんな孫正義さんの経歴や名言を紹介していきます。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

孫正義の経歴

孫さんは佐賀県鳥栖市朝鮮人集落で差別も経験しながら育ちました。

豚や羊と一緒に生活をする不衛生な場所であったそうですが、父親がパチンコ業などで大成功し、高級車を何台も所有するほど裕福な時期もありました。

久留米大学附設高等学校在学時に、司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」を読んで脱藩に憧れ、渡米を決意し、夏休みにアメリカに語学研修のために短期留学します。

そこでアメリカに感銘を受け高校を中退し、アメリカの英語学校に入学後、サンフランシス

コセラモンテ高等学校2年生に編入します。

しかし、3年生、4年生と飛び級し、高校卒業検定試験に合格したため高校を3週間で退学

しました。

1977年にカリフォルニア大学バークレー校経済学部3年生に編入し、卒業した後日本

に帰国します。

大学時にシャープに自動翻訳機を売り込んで得た資金1億円を元手にして、コンピュータ卸売事業の「ユニゾンワールド」を設立、そして福岡県大野城市に「日本ソフトバンク」を設立しました。

1983年に重度の慢性肝炎にかかり入退院を繰り返し、再起不能と言われます。

しかし、入院期間を充電期間に変え、本を読んでビジネスアイディアを練りました。

その後、yahoo!社に多額の出資をし、見事成功します。

1990年には社名から日本をとり、「ソフトバンク」として、世界に事業を展開していき

ます。

1996年にYahoo japanを設立、出版、通信事業などにも事業を広げて世界に名前を知

られるほどの富豪になりました。

孫正義の年収と総資産は?

日本企業に年1億円以上の高額な役員報酬を受けている人は443人います。

その中でも孫さんの年収は群を抜いています。

その額はなんと93億円です。

そして総資産は2兆円を超えると言われています。

ちなみにスカイツリーの総建設費は650億円であるため、孫さんはスカイツリーを20

本以上建てられることになります。

孫正義から学ぶ成功法則

孫さんの名言から成功法則について考えて行きます。

「小さく固まるより大きく飛躍するか、どうせ一回しかない人生だし。」

孫さんはものすごい行動力がありました。

16歳で単身アメリカに渡り、理不尽なことにはとことん抗議します。

カリフォルニア州の大学検定では、「この問題は日本語なら解ける」と言い、辞書の使用と時

間の延長を試験官に申し出ました。

試験官は上司に相談し、その上司は自分の上司に相談していき、最後は州知事にまで交渉し、辞書の使用と時間の延長を勝ち取ったのです。

さらに、孫さんはマクドナルドを築き上げた藤田田さんの「ユダヤの商法」に感銘を受けます。

高校時のアメリカ留学帰国の際、どうしても会いたいと交渉します。

何度も断られますが、藤田さんの秘書に何度も何度も交渉し、15分の面談が実現しました。

このように成功を収めるにはまず行動することが大事なのです。

「鮭は数千個の卵を産むが、帰ってくるのは2匹。」

孫さんは、大学時代アルバイトではお金がたまらないと考えました。

そこで孫さんは1日1つアイディアを生むことをノルマにかし、その約300個の中から、1つを選び、音声自動翻訳機をシャープに売り込み、1億円を手にしました。

多くの人は失敗を恐れて1つのことを絶対に成功させようと考えると思います。

しかし、失敗することで得るものはあります。

失敗したらその経験を次に生かしていって、1つでも成功したら良いのです。

以上が孫正義さんの経歴と名言でした。

まだまだ伝説がたくさんあるので是非調べてみてほしいです。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする