マック・ザッカーバーグ氏(Facebook創始者)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!

%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e5%ae%b6

apple創始者であるスティーブ・ジョブズ氏にも引けを取らないとされる天才とも呼ばれているマック・ザッカーバーグ氏は、アメリカのプログラマーであるとともにFacebookの生みの親でありますが、彼が現在の資産を築くまでにはどのような経歴を辿ってきたのでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

スティーブ・ジョブズ氏と多くの共通点を持つマーク・ザッカーバーグ氏の経歴とは?

マーク・ザッカーバーグ氏は、歯科医の父親と精神科医の母親のもとに、ニューヨーク州にあるウエストチェスター郡ホワイト・プレインズというところで生まれます。

両親がともにお医者さんということもあるせいか子供のころから優秀であったとされており入学した最初の高校が退屈過ぎたために2年後には難関大学の突破を目的とした全寮制の高校で合ったフィリップス・エクセター・アカデミーに転入しています。

その後ハーバード大学に入学するものの、「Coursematch(コースマッチ)」という同じ授業を履修している他の学生たちのリストを参照できるサービスを開発したと思ったら女子学生たちの用紙を格付けする画像格付けサイトである「Facemash.com」を開発し、ハーバード大学のコンピューターシステムを混乱させる事態にした挙句に女子学生たちから総スカンをくらうという結構な問題児であったとされています。

こういったことが続いたことから、Facebookを立ち上げるとともに大学を中退します。

本人の登録制であるFacebookは、立ち上げ当初1週間以内でハーバード大学の約半数の生徒が登録し、3週間後には登録者が6000人を超えてスタンフォード大学やコロンビア大学などの他の大学からも同じようなサイトが欲しいと希望があったことから次々に開放し、学生にとってもはや必要不可欠なツールとなって行きます。

そして、初めは大学のメールアドレスを所有する学生のみの参加だったのが全米の高校生にも開放され2006年9月には一般に開放され現在では世界的に使用できるツールの一つとなったのです。

実は、今は亡き天才でもあったapple創始者でもあるスティーブ・ジョブズ氏とは多くの共通点があったとされており、大学を中退したこと、常に同じカラーの衣服を身に付けていること、見かけによらず厳しく短気であることなど、世界に影響を与える天才というのはやはり共通点が多く存在することの証なのかもしれません。

マーク・ザッカーバーグ氏の年棒は1ドル?驚きの資産や年収は?

今や世界的な実名制のソーシャルネットサービスであるFacebookですが、その利益を得て世界の大富豪としてもランキングに上るようになったマーク・ザッカーバーグ氏の年収や資産はどれくらいなのでしょうか。

驚くことに、2013年の彼は「年棒1ドル」を宣言しているのです。

その理由として、彼が株式売却益を除くFacebookから得た収入65万3165ドルとされ、そこから個人チャーター機のコストとして65万3164ドルを引くと年棒はわずか1ドルとなるからくりのことを言っているとされています。

しかし、すでに25歳で40億ドルの純資産があった彼の現在の資産は340億ドルともされており、マイクロソフト創始者であるビル・ゲイツ氏や世界的投資家であるウォーレン・バフェット氏などと比べるとその額はまだ小さいものであってもいずれはアメリカを代表する大富豪になることは間違いないと言えるでしょう。

金儲け主義に走らず、常に機能向上を目指す若き天才に学ぶ成功法とは

若き天才であるマーク・ザッカーバーグ氏は、娘が生まれてすぐに「娘に宛てた手紙」として奥さんとともに所有していたFacebook株の99%(総額約5兆5300億円)を自身が設立した慈善団体に寄付し続けることを誓ったとされています。

娘だけに限らず、この世に生を受けたすべての子供が幸せに過ごせることを願って誓ったとされていますが寄付の具体的な目的としては、自分の娘と同じ時代を生きる子供たちが環境や国籍に差別されることなく平等に自分にふさわしい教育が受けられそしてお互いに良好な関係を築いていける世の中にすることが目的だとされています。

あくまで自分は全体の一部であり誰かと繋がった存在であり、彼の名言にあるように「Facebookで稼ぐのは、私腹を肥やすためではなく、さらなる機能向上のために稼いでいる」という言葉からもうかがうことができるのは、人々と繋がった存在である自分だからこそライフスタイルを革新的に変えていくアイディアを創出することができ、それによって利益を得てまた還元していくことを生涯の営みとしていく生き方を選んだことが、彼が世界的に成功した理由の一つと言えるのかもしれません。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする