ロジャー・フェデラー氏(テニスプレイヤー)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


スポーツの様々な競技の中では史上最強と言われる選手は必ず誕生するものですが、ロジャー・フェデラー氏も史上最強のテニスプレイヤーの名を欲しいままに巨万の富を得ることができたアスリートの一人だとされています。

彼がどのような経歴によって年収や資産を築き多額のお金を手に入れたのか興味はないでしょうか?

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

激しい気性の持ち主だったロジャー・フェデラー氏の経歴について

日本でもテニスブームが高まりつつある中で、史上最高のテニスプレイヤーとして現在もトップ選手の地位を築いているロジャー・フェデラー氏は、製薬会社で働いている両親のもとに生まれ、8歳からテニスを始めます。

17歳でウィンブルドンのジュニア世界ランキング1位となるとその後10代でプロに転向します。

現在は非常に温厚な性格で知られているロジャー・フェデラー氏ですが、ジュニア時代は気性の激しい性格だったようです。

2003年にはグランドスラムで1位、そして2004年には世界ランキング1位となり、2007年にはウィンブルドン5連覇という記録を打ち立てており、2013年には少し調子を落とすもののラケットと変更したりプレイスタイルを変更するなどして工夫した結果現在も現役で世界のトップ選手として活躍している選手です。

同じくテニスプレイヤーであるノバク・ジョコビッチ選手に対抗できる唯一の選手でもあるとも言われています。

その他には、ユニセフの親善大使を務めロジャー基金を設立しアフリカなどの貧しい国の子供たちへの支援を積極的に行ったり、プライベートではかつては同じテニスプレイヤーであり現マネージャーでもある元テニス選手のミルカ・パブリネックさんと結婚し4人の男女の双子を設けています。

ゴルフのタイガー・ウッズ選手とも親交が深く、USオープン決勝の際にはウッズ選手が観戦に来たことは非常に有名だとされています。

ロジャー・フェデラー氏の驚くべき資産や年収とは?

このように世界トップの座に君臨したロジャー・フェデラー氏の年収や資産はいったいどれくらいなのか考えてみたことはあるでしょうか。

テニスプレイヤーですから、大会で優勝した際の賞金はもちろんですがこれだけ世界的なトップアスリートとなると数多くのスポンサーがつくとされています。

そのため2015年の彼のスポンサー収入だけで69億円とされており、スポンサーから得た年収だけでも相当な額を稼いでいると言えるでしょう。

ロジャー・フェデラー氏の推定年収は7150万ドル、日本円だと約71億6788万円とされており、ロジャー・フェデラー氏がいかに世界的なスポーツ選手であるかということを物語っています。

ロジャー・フェデラー氏に学ぶ、成功の秘訣とは

スポーツ選手というのは芸術家と同じく性格に難があるタイプの人が多いとされていますが、ロジャー・フェデラー氏は非常に評判が良い選手だったとされています。

もちろん、ジュニア時代や若い時などは多少怒りぽかったり神経質だったこともあるようですが、彼の名言にはこんな言葉があるとされています。

「天才の道を行くべきか、それとも努力の道かって考えてね・・・結局努力の道を選んだんだ」

才能だけで現在の地位や富を築いている人はごくわずかであり、多くの世界的なプレイヤーは自分の技術をストイックに磨きそれ最高地点まで高めることができたからこそ現在の年収や資産を築くことができ、世界トップ選手であることを維持できるのです。

もちろん、それは世界を相手にしない競技や趣味、芸術の分野などであっても才能だけにおぼれて全く努力しないことには何も生まれないのです。

今日のロジャー・フェデラー氏の地位や年収、資産があるのは彼が才能だけでは終わらずそれを上回る努力の結果と言えるでしょう。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする