ジム・ウォルトン氏(ウォルマート創業者三男)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


日本のテレビ番組では大家族の番組が非常に人気がありますが、世の中には一族で大金持ちという家族もいるとされています。

ジム・ウォルトン氏は、世界最大の売り上げを誇るスーパーマーケットチェーンを創業したサム・ウォルトン氏の三男であるとされていますが、彼が現在の年収や資産を築いた経歴を辿ってみましょう。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

ウォルトン家の三男、ジム・ウォルトン氏の経歴とは

ウォルマートは、もともとは雑貨屋を土台にしたディスカウントストアであり、創業者であるジム・ウォルトン氏の父であるサム・ウォルトン氏が始めたものだとされています。

それまでは魚なら魚や、肉なら肉屋などそれぞれ魚や肉、野菜を別々なお店で購入しなければ手に入らなかったものを、欲しいものがすべてたった一軒のお店で賄えるとあって、消費者にとっては非常に便利であることから創業してから瞬く間に世界規模のスーパーマーケットチェーンへと成長していきます。

そのサム・ウォルトン氏の末っ子として生まれたジム・ウォルトン氏は、ウォルマートの株主でありウォルトン一族で設立した150億ドル弱の資産を有するアーベスト銀行の会長兼CEOでもあります。

2014年には、ウォルマートは27か国11,000以上の店舗を抱えており、その売り上げや利益を合わせると4730億ドルの収益を上げているとされています。

ジム・ウォルトン氏の気になる年収や資産は?

そんな一家で大金持ちであるウォルトン家の一族であるジム・ウォルトン氏の年収や資産は、どのくらいなのか気になるのではないでしょうか。

2015年においてはジム・ウォルトン氏は総資産は406億ドル、日本円で4兆8720億円を有しており世界長者番付ランキングにおいても第9位におさまっています。

ウォルマートの株主であるということと、アーベスト銀行のCEOであることからそれだけの年収や資産を手に入れることができたのでしょう。

ジム・ウォルトン氏に学びたい成功法の秘訣とは

父親の成功によってそのまま会社を一族で受け継ぎ、またアーベスト銀行のCEOにまで就任しているジム・ウォルトン氏ですが、いくら一族がお金持ちだからと言ってそれなりの仕事のスキルを身につけなければただのお荷物になってしまいます。

家族総出で現在の巨大な市場を支えるためには、それなりの努力と実力がなければ簡単に維持することができないと言えるでしょう。

彼が幸運だったのは、そばに支えとなる兄妹がいたこと、争いが少なかったこと、そして軸とる市場を父親がすでに築いてくれていたことであり、その後現在の年収や資産を築くことができたのはやはり彼の努力の賜物と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする