リリアンヌ・ベッタンクール氏(ロレアル創始者の娘)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


成功者の多くは、自分が起業することで成功し巨万の富を得るパターンがほとんどですが、中には親が起業したことで億万長者となった人物も少なくないとされています。

では、リリアンヌ・ベッタンクール氏の経歴や資産、年収や学ぶべき成功法とはどんなものなのでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

リリアンヌ・ベッタンクール氏の経歴とは?

生存している女性の中では世界一裕福だとも言われているリリアンヌ・ベッタンクール氏は、日本でも有名なフランスの老舗化粧品会社であるロレアルを創業したロレアルの創業者ウージェンヌ ・シュエレール氏の一人娘です。

ロレアルは、フランスのクリシーというところに拠点を置いている世界でも有名な化粧品会社でスキンケアや香水などの化粧品を始めヘアケアやヘアカラーなどの分野を中心に発展した会社でもあります。

母が創業した会社を父がそのまま受け継ぎ、その父との絆が強かったことでも有名であり、1950年にフランス人の政治家であったアンドレ・ベッタンクール氏と結婚したあと1957年には最愛の父も他界したことで悲しみに暮れますが、その悲しみと引き換えに父親から受け継いだ莫大な遺産を手に入れることになるのです。

しかし、夫のアンドレ氏の死後にリリアンヌ・ベッタンクール氏の娘であるフランソワ氏が、リリアンヌ・ベッタンクール氏の取り巻きであった人物らに対して「夫人の神経衰弱に付け込んだ」と告訴する事件に発展したり、そもそも政治家や政党に対して合法に献金を行っていたものの、2010年頃にはニコラ・サルコジ大統領の大統領選挙キャンペーンを非合法に支援していたのではないかという疑いをかけられそれが報道されて「ベッタンクール事件」として騒動になったこともあるとされています。

リリアンヌ・ベッタンクール氏は、生存している人の中で世界最高のお金持ちと称される一方でスキャンだランスなし生活もたびたび話題となる女性でもあります。

リリアンヌ・ベッタンクール氏の驚くべき資産や年収とは?

では、実際にリリアンヌ・ベッタンクール氏の年収はどれくらいで資産はどのくらいのあるのでしょうか。

リリアンヌ・ベッタンクール氏は、ロレアルの他にコーヒーやキットカットなどでも有名なネスレの大株主でもあるため、ロレアル社の株式が公開されるようになってもそのほとんどの株式をリリアンヌ・ベッタンクール氏が保有していたことと、ネスレの株式も拡大したことから、総資産額としては361億ドルとされています。

それ以外に、彼女の娘であるフランソワ氏が若い写真家などと起こした法的論争や、ニコラ・サルコジ大統領の大統領選挙の非合法支援などが掲載された新聞や雑誌からの掲載料などもリリアンヌ・ベッタンクール氏の年収や資産の一つとなっているとされています。

このように、慈善家としてあるいはスキャンダラスなソーシャルライトとして様々な経歴を持つ彼女だからこそ得たことができた資産であると言っても過言ではないのかもしれません。

リリアンヌ・ベッタンクール氏に学ぶ成功法の秘訣とは?

チャリティーや社会活動などを積極的に行い社交界において活躍している富裕層の人のことをソーシャルライトと呼びますが、リリアンヌ・ベッタンクール氏も慈善家としての名の他に政治的なスキャンダルな事件やゴシップがある悪名高いソーシャルライトとして有名でもあります。

ただ、彼女が母そして父から受け継いだ遺産をただ自分の思うままに使っていれば現在も莫大な資産を維持することは不可能だったかもしれません。

リリアンヌ・ベッタンクール氏は、自身の遺産をただ食いつぶすだけでなくたとえ評判が悪くなったとしても資産を寄付したり慈善事業を活動的に行うなど資産家として当たり前のことをしていたからこそ、多くの人々の支持を得て現在の地位を手に入れることができたのではないでしょうか。

当たり前のことを、ただ当たり前に行い一方で自分の私生活を充実させるということはなかなか難しいことだと言えるでしょう。

現在はロレアルの重役は退任していますが、重役としてのアドバイスを行うなど精力的に活動しているそうで、90歳という年齢にかかわらず元気に精力的に活動することこそが原動力や成功の秘訣と言えるのかもしれません。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする