ラリー・ペイジ氏(グーグル創設者)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


世界的に有名な検索エンジンであるグーグルには二人の創設者がいますが、そのうちの一人がラリー・ペイジ氏です。

彼がどのような経歴によって現在の年収や資産を築いたのか一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

恵まれた環境で育ったラリー・ペイジ氏の経歴とは

ラリー・ペイジ氏は、アメリカのミシガン州ランシングというところに、ミシガン州立大学の計算機科学・人工知能教授である父親と同じくミシガン州立大学においてコンピュータプログラミングの教師をしている母親の間に生まれます。

両親の影響により、幼いころからコンピュータに興味を持ち、すでに6歳にはコンピュータを操作しており、幼い頃のラリー少年は、トーマスエジソンの会社で働いていたニコラ・テスラという発明家の電気を読んだり家中にテクノロジー雑誌があふれかえる家で育ったことから自然とコンピュータサイエンスの道へと進みます。

ミシガン州立大学ではコンピュータ工学の分野で学位を修めた後、スタフォード大学で博士号の課程に進学した際に後にグーグルの共同創設者となるサーゲイ・ブリン氏と出会い友達になります。

1998年には、友人・知人、投資家などから集めた100万円を元手にグーグルを立ち上げますが、その当時オフィスを構えた場所は一階がバイク屋で路上駐車gが行列を作るようなビルの一角だったとされています。

ラリー・ペイジ氏はあまり社会性がある方ではなく、一時期は解雇前のアップル社のスティーブ・ジョブズ市のように他人の考えや助けを受け入れようとしなかったことから、グーグルに対して投資や資金を援助する側となるベンチャーキャピリストたちは、若き成功者に対して不安を覚えます。

もっと大人で秩序のある監督がいることでさらなる発展を遂げることを望み、スティーブ・ジョブズ氏に紹介されたソフトウェア開発会社のNovellでCEOを務めていたエリック・シュミット氏にグーグルのCEOを譲ることになるのです。

ベンチャーキャピリスト達の不安を一掃するべく、シュミット氏がCEOに就任してからのグーグルは数年でグローバル企業へと変貌を遂げていきます。

そしてシュミット氏のCEO就任後から10年後には、ラリー・ペイジ氏は再びCEOへと返り咲くことになりますが、その時のことをシュミット氏は「大人の監督者はもはや必要なかった」と語っているようです。

人間的にも成長して再びグーグルのCEOとなったラリー・ペイジ氏はその後も様々な会社を立ち上げてグーグルのさらなる発展に拍車をかけることになります。

年収はわずか1ドル?ラリー・ペイジ氏の驚くべき年収や資産とは

世界的に有名となったグーグルですが、それを創設したラリー・ペイジ氏は行ったいくらくらいの年収があるのか気になるところです。

実は、共同創設者であるサーゲイ・ブリン氏とともにグーグルからの役員報酬はたった1ドルだとされています。

これにはいくつかの理由があり、リーダーが率先して給料カットや人員削減に協力するメッセージを込めた意味もがあることと、グーグルを始めappleなどの大企業の役員の間では「1ドルクラブ」というクラブまで創設されているようです。

個人資産においては、333億ドルとされておりサーチファームの親会社としてAlphabet社のCEOの就任するなどまだまだ幅広く活躍していますが資産については十分に所有していることが考えられます。

紆余曲折合って結果的に成功を成し遂げたラリー・ペイジ氏学ぶ成功法とは

コンピュータサイエンスを教える両親の下で当たり前のようにクリエイティビティの世界へと飛び込んだラリー・ペイジ氏ですが、もし彼が自分の才能や努力におぼれてしまったとしていたら現在の資産を築くまでには成長しなかったのではないかと思われます。

人間性というのは、親以外の他人と接することで養われていくものであり、どんなに天才であってもその人間性を高めて相手とのコミュニケーション術を理解していくのには普通の人と同じくらいの時間が必要だったのでしょう。

だからこそ、若くして大企業のCEOになったものの解雇寸前のとこまで行ってしまったのです。

しかし、スティーブ・ジョブズ氏と同じく再びグーグルのCEOに就任できるようになるまで自分の人間性を育てるように修行をしたり考え方を変えていったからこそ、その結果として億万長者としてランキングに名を連ねるようになれたのではないでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする