フィル・ミケルソン氏(プロゴルファー)の経歴や資産、年収!学ぶべき成功法!


日本でも小学生のうちからゴルフを習い始めてプロに転向する人は多いとされていますが、フィル・ミケルソン氏はどのような経歴を持ったプロゴルファーかご存知でしょうか。

そして、資産や年収をどのように築いたのかフィル・ミケルソン氏の様々な経歴について考えてみましょう。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

全米プロ、全米オープンのタイトルを持つフィル・ミケルソン氏の経歴とは

ゴルフクラブを握り始めたのはわずか1際の頃だったというフィル・ミケルソン氏は父親のスイングを鏡を見て真似たことから右利きなのに「ビックレフティ」と呼ばれるように左打ちになったことは非常に有名なエピソードとされています。

才能が開花したのは大学在学中であり、1989年には当時の史上最年少スコアでNCAAゴルフ選手権を優勝し、1990年には全米アマチュアゴルフ選手権を制したとされています。

大学卒業後はプロに転向し、メジャー制覇を目指して毎年順調に勝ち進んでいくものの、あと一歩のところでいつも優勝を逃していたことから「無冠の帝王」と呼ばれていたそうです。

プロデビューから12年後の2004年に、悲願であったメジャータイトルを獲得したことから長年のプレッシャーから解放されたように数々のタイトルを獲得、2005年の全米プロゴルフ選手権では完全優勝を果たし、2006年にはマスターズにおいて二度目の戴冠をすることになります。

しかし、最愛の妻であるエイミー夫人と母までもが乳がんに冒されるということが発覚すると、二人の看病のために無期限の活動休止を発表し、その後二人の術後が安定すると心配事がなくなったせいか水を得た魚のように次々と優勝を果たしていきます。

以外にも親日家で日本語が少し話せるというエピソードも残っており、2016年の生涯グランドスラムをかけた全米オープン制覇には期待が高まるところでしょう。

どのくらいの資産?フィル・ミケルソン氏の年収や資産はどのくらいなのか

全米プロ、全米オープンのタイトルを数多く獲得しているフィル・ミケルソン氏ですが、彼の資産や年収はどのくらいなのか考えたことはあるでしょうか。

彼くらいの一流選手となると、スポンサー収入やCMなどの収入もそれ相当の額なのではないかと考えられます。

フィル・ミケルソン氏の年収は5290万ドル、日本円では約56億4337万円とされており、年棒が290万ドル、CMやスポンサー料などが5000万ドルとされているようです。

一流の選手となるとスポンサー収入だけでかなりの額を稼ぐことができると言えるでしょう。

ゴルフよりも大切なものがあるフィル・ミケルソン氏の成功の秘訣について

このように、生涯グランドスラムを目指してなお今も戦い続けているフィル・ミケルソン氏ですが、一次活動休止からの復帰後のマスターズで優勝を果たしたのは、実は彼にとって特別な勝利でもあったとされています。

ゴルフをすることはもちろん自分のためにも大切なことですが、彼にとって最も大切な存在は愛する家族であり、エイミー夫人と母親が闘病中の間にも夫人の勧めで復帰をするものの成績は2位タイであったとされており、最愛の人たちが苦しんでいるときは彼も同じように苦しんでいたからこそ良い成績を残せなかったのではないかと思われます。

その後、二人の病状が落ち着いてからの快進撃からも分かるように、大切な存在が元気であり支えてくれるからこそ120%の力を発揮できるのかもしれません。

彼が築いた年収や資産は、もちろん彼のゴルフにおいての経歴ではありますがそれはフィル・ミケルソン氏だけのものではなく家族全員の支えがあったからこその軌跡と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする