ゲオルク・シェフラー氏(シェフラー社のオーナー)の経歴と資産、年収!学ぶべき成功法!


自動車業界で成功することは、ある意味ある程度の年収や資産を約束されたも同然であると言えます。

ゲオルク・シェフラー氏もそんな自動車業界で成功した人物の一人ですが、彼はどのような経歴によって現在の資産や年収などを築いたのでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大

ゲオルク・シェフラー氏の経歴とはどんなもの?

ゲオルク・シェフラー氏は、ベアリングバルブトレイン、デュアルクラッチトランスミッションやシャシー部品など自動車の部品などの製造を行っているドイツの総合部品メーカーであり、そもそもの歴史は1872年にミシン修理会社として設立されたのが始まりであるとされています。

Luk、INA、FAGの3社で構成されており、後に1883年になるとこの三つの会社が株式会社化した日が創業年とされています。

2014年の時点においては世界に74の製造拠点と従業員約82,830人を雇い、16の研究開発センターも設立している巨大企業でもあります。

今日のシェフラー社の基礎を築いたのはウィリアム・シェフラー博士と、工学博士であったゲオルク・シェフラー氏ですが、1996年にはすでに他界しており、妻であるマリア・エリザベス・シェフラー・スーマン氏とその息子であるゲオルク・シェフラー・Jr.氏がシェフラーグループの89%の株式とコンチネンタル株の46%を保有しているとされています。

シェフラー社は、環境に優しく、安全でより自律的な車を目指してメーカーが必要とする技術をほぼすべて供給しているとされています。

自動車業界においてトップクラスの資産を誇るゲオルク・シェフラー氏の年収や資産はどのくらいなのか

ドイツの一流の自動車部品メーカーのオーナーであるゲオルク・シェフラー氏ですが、その資産や年収やどのくらいのものなのか考えたことはあるでしょうか。

ゲオルク・シェフラー氏は、同じく自動車業界において巨万の富を築いているテラス・モーターズの創業者でありCEOのイーロン・マスク氏よりも自動車業界における億万長者番付のランキングにおいては上位だとされています。

Luk、INA、FAGを傘下に持つシェフラーグループのオーナーであるゲオルク・シェフラー氏の年収は269億ドル、日本円に換算すると3兆1459億5500万円とされており、保有資産においてはゲオルク・シェフラー氏は181億ドル、彼の母親は45億ドルとされているようです。

ゲオルク・シェフラー氏に学ぶ成功法の秘訣は

現在、シェフラー社の株のほとんどを所有している息子であるゲオルク・シェフラー氏は、母とともに遺産を所有し唯一の株主となっていることで億万長者としてForbesの世界長者番付にもランクインしているのですが、経営陣とともに父親が残した会社を成長させるために日々精進しているとされています。

AGのCEOはクラウス・ローゼンフェルド氏が努めていますが、シェフラー社では様々な技術や革新的な方法を取り入れながら安全で環境に即した車のための部品作りをするために、デジタル化まで長期成長戦略の取り込みながら車のための新しい未来に向かって励んでいるのです。

遺産や会社の株は父から受け継いだものではありますが、それを生かすも殺すも自分次第となるゲオルク・シェフラー氏には、億万長者になるだけの素質があったからこそ今日もこれだけの年収や資産を所有することができているのではないでしょうか。

スポンサーリンク
kigyo-successレクタングル大
kigyo-successレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする